~ドルコラ委員会ブログ~ 甘いアクアリストな生活(Dolce Koralli)の輪を広げたい人達の飼育記録


by dolcekoralli

■Synodontis Multipunctatus

小職のおうちにはナマズがいろいろおりますが、流通量が少なくなったなぁというナマズ!
それはやはりシノドンティスでしょう。

アフリカ原産のナマズ目サカサナマズ科に属するものをシノドンティスといいます。
なので小職のところにいるビルマサカサナマズも「おシノさん」ということになります。
流木などに腹部を押し付けたり水面に押し付けたりいろんなことします。

花形はなんといってもアンジェリクス(Angelicus)でしょう。
コンゴ川でくらし気は荒いです(ブチコにはカナイマセンでしたが)

そんな中アフリカ湖産の「おシノさん」もいます。つまりは弱酸性の軟水な河川とは正反対で弱アルカリ性の硬水を好みます。
e0049877_0334288.jpg
ムルティプンクタートゥス(Multipunctatus)


変わっている性質をもっています、マウスブルーダーのシクリッドに自分の卵を!
シクリッドは、ひとの卵と知らず、卵を口にくわえ、フ化させ守ります (笑)

まさに人のふんどしで相撲をとる!

タンガニイカ湖産ですね、餌は何でもよく食べますよ。テリトリーが強いシノドンティスの中では温和、アフリカン・レイク・シクリッドとの混泳ができる!

まだ来たばかりで体色がシルバーではありません、お店では弱酸性で飼ってたもので...

ほかにもいろいろ種類がいるのでコレクターとしてはたまらない種族です。

えっ?気を取り直したのかって?
そんな訳ないでしょう、男子たるもの前に進むべし
あ~今日もくさい...
[PR]
by dolcekoralli | 2006-03-10 00:11 | 熱帯魚ReStart(理事長)